活きているおいしさ、お届けします。
その土地ならではの料理の仕方等、
新鮮な海の幸をおいしく召し上がって
いただくための料理方法をご紹介します。

磯の味を充分にご堪能下さい。

伊勢えび | さざえ | 保存方法
[あわび]

<刺 身>
(1) 身の部分に塩を振ってこすり、”ぬめり”を取り、水洗いをする。
(2) 殻と身の間に固いシャモジかヘラを力強く差し、殻にそって切る様にして身をはずす。
(3) 身から「わた」を傷めない様に引きはがし「ひも」・「口の部分」・「わた」を切り取る。
(4) 身の平な部分を下にしてスライスし、殻又は器に盛り、わさび醤油でいただく。
「わた」を醤油、砂糖、たっぷりの酒で煮ると磯の香が楽しめ、おいしいです。
<おどり焼き>
(1) あわびは殻をつけたまま表面に塩をつけ、たわしでこする。殻もきれいに洗って水気をふきとる。
(2) 身に1.5cm間隔位いの浅い切り込みをタテ・ヨコに入れる。
(3) みそと酒を弱火でまぜながら練りあげ(好みで砂糖を入れても良い)この練りみそをたっぷり塗り、網にのせ弱火で焼く。
(4) みそを取りはずし、食べやすい大きさに切る。
<茹であわび>
(1) 鍋にあわびを入れ、水とたっぷりの酒でひたひたにし、落としぶたをし、弱火で1時間煮る。
(2) 「わた」を取り、薄切りにし、わさび醤油を添える。
<蒸しあわび>
(1) 塩でこすり、水洗いをしたあわびを金串で数ヶ所さして、酒をふる。
(2) 蒸し器で20分蒸し上げる。
(3) 「わた」を取り、薄切りし、わさび醤油を添える。
蒸した物は旨味があり、茹でた物は柔らかく食べやすい。

あわび | さざえ | 保存方法
[伊勢えび]

<刺 身>
(1) 伊勢えびは水洗いをし、砂や汚れをとる。
(2) 頭部と胴体を別々にふきんでくるみ、手でねじ切るか、包丁を入れて切り離す。
(3) 切り離した胴体の腹部表面にタテに包丁を入れ、身を取り出し背わたも一緒に取り除く。
取り出した身は、氷水に手早くつけて身をしめる。
(4) 身をとり出した腹部は、フキン等で水気を良くふき、器がわりに身を盛りつけ、頭部へさしこむ。
(5) わさび醤油でどうぞ。
(6) 頭部は味噌汁の具にする。
<鬼がら焼>
(1) 伊勢えびは洗い、砂や汚れを落とし、包丁で縦2つに割る。
(2) 醤油とみりんを1対1で煮たて、たれを作る。
(3) 伊勢えびに金串を末広形に刺し、強火の遠火で身の方から焼く。
(4) 2〜3回 (2)のたれを身に塗りながら焼き、殻側に返して焼く。
<マヨネーズ焼き>
(1) さっとボイルした伊勢えびを縦割りにしマヨネーズを上に塗り、オーブンに入れ、強火で少しこげ目がつくまで焼く。
<みそ汁>
(1) 水洗いした伊勢えびを、包丁でタテ割り、又はブツ切りにする。
(2) 鍋に昆布と水を入れ、切った伊勢えびを入れ火にかける。
(3) 煮立つ直前に昆布を引き出し弱火で少々煮こみアクをすくう。
(4) 季節の野菜等を入れ、みそを溶き、煮立つ直前に火を止め、椀に盛る。
刺身で残った殻を利用すると良い。
<具足煮>
伊勢えびを殻ごと煮つけた料理
(1) 大型の伊勢えびは頭部と胴体を切り離し、更に縦半分に切り割る。
(2) 鍋に昆布だし(又は水)と醤油、砂糖、酒を入れ煮立ったら (1)を加えて中火で煮る。
煮魚よりは薄味で、煮すぎない様に注意して下さい。

あわび | 伊勢えび | 保存方法
[さざえ]

<刺 身>
(1) 具とフタの間に果物ナイフやスプーンの柄など差し込み、ねじ切るように身を引き出す。
(2) 引き出した身はフタを取り、ワタを切り離し身を薄くスライスする。わさぎ醤油でどうぞ。
ワタは少し苦みがありますが、醤油、砂糖、たっぷりの酒で煮るとおいしくいただけます。
<つぼ焼>
活さざえを網にのせ中火で焼き、煮たってきたら3分程焼き、仕上げに醤油を1、2滴落とし 火からおろし金串などで取り出す。
煮たつ前に醤油を入れますと身を取り出しにくくなります。
<茹でさざえ>
鍋にさざえを入れたっぷりの水と塩を1つまみ入れ、火にかけ煮たってきたら、5〜10分(大きさによる)茹でる。
かんたんに身を出す方法
★ 活さざえを割る時は、テキ(フタ)を上にしてカラの厚い部分を金槌で一撃すると身の中にカラがささりません。
タオルか新聞紙に包んで割るとカラがとびちりません。
酢の物、かき揚げ、たきこみご飯等いろいろな調理方法でお召し上がり下さい。

あわび | 伊勢えび | さざえ
《保存方法》

お届けした伊勢えび・あわび・さざえは先ず冷蔵庫へいれていただき、その日のうちに刺身か 調理してお召し上がりください。
尚、長期に保管する時は、ラップ凍結か又は鍋に材料を入れ、たっぷりの水に塩を1つまみ入 れ、軽くボイルした後、自然に冷ましてラップに包み、冷凍庫で保存してください。
解凍は自然解凍し、再び各料理方法にて調理しお召し上がりください。

房州ちくら漁業協同組合

「ちくらのさかな料理」に戻る。